MENU

街裏ぴんくと結婚相手の嫁(妻)の馴れ初めや子供など家族まとめ!

街裏ぴんく 結婚相手 嫁 妻 馴れ初め 子供 家族

R-1グランプリ2024を優勝した街裏ぴんくさん!

優勝後のインタビューでは、街裏ぴんくさんが奥様とのエピソードを語る場面もありました。

そこで、この記事では、街裏ぴんくさんと結婚相手の嫁(妻)の馴れ初めや子供の存在について迫りたいと思います。

タップできる目次

街裏ぴんくと結婚相手の嫁(妻)の馴れ初めを紹介!

街裏ぴんくさんの嫁(妻)は、一般の方であり、詳しい名前や顔写真などの公表はありません。しかし、街裏ぴんくさんが過去のインタビューで妻について語られていた情報から、二人の馴れ初めや関係について少し掴むことができます。

まず、街裏ぴんくさんの妻は元々大のお笑い好きで、特にお笑いコンビ「フットボールアワー」の追っかけをしていたほどです。

お笑いが好きな彼女は、さまざまな芸人さんのライブに足を運んでいたと考えられます。その中で、街裏ぴんくさんのお笑いライブに参加したことが、二人の出会いのきっかけとなりました。

ライブでの出会いは、妻から街裏ぴんくさんに声をかけられたことで始まったようです。街裏ぴんくさんもライブを通じてファンとの交流を大切にしていたことから、自然と二人の関係は深まっていったと推測され、ファンと付き合う形で交際がスタートしています。また、妻が身体が大きい人を好むタイプであったことも、街裏ぴんくさんとの関係を深める一因になったようです。

二人の交際期間については公表されていませんが、R-1グランプリ2024を優勝し、大反省会に出演した際、優勝報告を誰にしたいか聞かれた際、以下のようにコメントしています。

やっぱり嫁さん。十年以上、まああのついてきてくれてっていうので。

そのため、二人の交際期間は不明ですが、現在に至るまで10年以上の付き合いであることがわかります。

また、街裏ぴんくさんと妻の間には、お笑いという共通の趣味があるため、私生活でも楽しく会話が弾むことでしょう。街裏ぴんくさんは妻のことを「お笑いセンスがある」と評価しており、二人の間でボケとツッコミを交わすような和やかなやり取りが日常的に行われているようです。

このように、街裏ぴんくさんと妻の間には、お笑いを通じた深い絆があります。お互いの趣味を尊重し合い、生活の中で笑いを共有することで、より強固な関係を築いているのではないでしょうか。詳細な情報が少ない中でも、このように二人の関係の一端を垣間見ることができるのは、とても微笑ましいことです。

街裏ぴんくと結婚相手の嫁(妻)の仲良しエピソード!

街裏ぴんくさんがR-1グランプリ2024で優勝し、Leminoで配信された『大反省会』に出演した際、MCの鬼越トマホークに「R-1グランプリ2024の優勝を誰に伝えたいですか?」と聞かれ、以下のように奥様とのエピソードを話していました。

やっぱり嫁さん、十年以上、ついてきてくれてっていうので。で、一番やっぱ僕より尖ってて、元々そのベース吉本とかその見に行ったりしてるような人で、フットボールアワーの岩尾さんとかの追っかけをしたり、で、まあ僕のことも好きになってくれてみたいな。その芸人としては、あのファンの人と付き合って。まあ結婚って流れやったんですけど、もう一番尖ってて。

例えば、芸人の後輩とか、ちょっとこう家に来て。ちょっと鍋食べた後に大喜利ちょっとやろうかと提案したら、その嫁も参加してきて。で嫁も答える側にガンガン回って。ほんでまあ、大概その素人やし一発目に答えたらいいと思うんですけど、その自分、絶対行かないです。最初は。で、芸人が答えた一発目の答えに対して、なんか斜めを見ながら「なるほどなぁ」って言ったり。お笑い好きすぎてやばい感じで。

後、 Aマッソと一回ライブ一緒になった時に見に来てくれてて、で、帰りの電車一緒に帰ったんですけど、めっちゃ遠いところ見ながら「私がAマッソのマネージャーやったら冠一つ持たせれるなぁ」みたいな。根拠もないような、そこまで私をわかってるみたいな。まあ、その奥さんの支えがね。ありながら今一番喜んでやるといやそうですね。

このエピソードを読んで、街裏ぴんくさんと奥さんの関係が本当に素敵だと感じました。

奥さんが街裏ぴんくさんを長年支えてきたこと、そして二人が共にお笑いを楽しむ姿がとても微笑ましいです。奥さんがお笑い好きであることが深く、街裏ぴんくさんの活動に対しても積極的に関わっている様子が伝わってきます。大喜利に参加する話や、Aマッソについて語るところなど、お笑いへの情熱が感じられて、二人の間には強い絆があることがうかがえます。

このような素敵なパートナーシップがあるからこそ、街裏ぴんくさんも芸人として輝けるのだと思います。ファンとしては、そんな奥さんの存在が街裏ぴんくさんの活動にとっても大切な支えになっていることが嬉しく、これからも二人の幸せを願っています。

街裏ぴんくの賞金の使い道は奥さんとの旅行!?

街裏ぴんくさんがR-1グランプリ2024で優勝し、Leminoで配信された『大反省会』に出演した際、MCの鬼越トマホークに『賞金500万円の使い道』を聞かれた際、以下のように語っていました。

まずは借金を返す。借金を返したら嫁と旅行に行きたい。嫁と旅行に行ったことがないからどこがいいかもわからない。旅行行きたいですね。だから、旅行番組とか家で流れてると、ゆっくり消すんですよ。また行こうまた行こう。行きたくなっちゃうから。と言ってずっと行けてなかった

街裏ぴんくさんがまず借金返済を優先し、それから大切な嫁さんとの旅行を夢見ているという話を聞いて、とても心温まると感じました。二人がまだ一緒に旅行に行ったことがないというのが意外でしたが、そんな状況でも一緒に夢を描き、将来の楽しみを語り合う関係が素敵だと思います。

旅行番組を見ながら「また行こう」と話す姿を想像すると、二人の仲の良さが伝わってきて、ファンとしては応援したくなります。街裏ぴんくさんと嫁さんが一緒に素晴らしい旅行に出かけられる日が来ることを心から願っています。二人の幸せな時間がこれからもたくさん築かれていくことを楽しみにしています。

街裏ぴんくと結婚相手の嫁(妻)に子供はいる?

街裏ぴんくさんと結婚相手の嫁(妻)との間に子供がいるという情報はありません。

公開していないだけの可能性もありますが、これまで公に子供がいるという話はしていないので、子供はいない可能性が高いです。

街裏ぴんくの経歴やプロフィールまとめ!

\ プロフィール /

芸名街裏 ぴんく(まちうら ぴんく)
本名島谷 洋平(しまたに ようへい)
生年月日1985年2月6日
出身地大阪府堺市
身長178cm
芸風漫談
X(旧Twitter)@Machiura
Instagrammachiurapink
YouTubeチャンネル街裏チャンネル
公式サイト公式プロフィール

受賞歴はこちら。

年度受賞歴
2019年第7回トゥインクル1グランプリ 優勝
2022年Be-1グランプリ2022 優勝
2023年第8回トゥインクル1グランプリ 優勝
2024年第22回R-1グランプリ2024 優勝

街裏ぴんくさんは、1985年2月6日生まれの日本のお笑い芸人で、本名は島谷洋平さんです。トゥインクル・コーポレーションに所属し、2024年にはR-1グランプリの王者となりました。街裏ぴんくさんの芸風は、体験談という体で奇妙な設定やファンタジックなストーリーを語る漫談が中心で、本人はこれを「地に足のついたファンタジー漫談」「架空漫談」と称しています。

幼少期から引っ込み思案だった街裏ぴんくさんですが、小学4年生の時にお楽しみ会で藤井隆のギャグを披露し、お笑い担当に躍り出ました。高校時代には、後に漫才の相方となる友人に出会い、その勧めでR&Bのクラブシンガーとしての活動を経験しました。

2004年には、神戸学院大学在学中に漫才コンビ「裏ブラウン」を結成し、吉本興業のオーディションで初舞台を踏みました。しかし、結成3年でコンビを解散し、2007年に「街裏ぴんく」名義でフリーのピン芸人として活動を開始しました。その芸名は、いかつい風貌とのギャップを狙って選ばれました。

街裏ぴんくさんは、一時期松竹芸能に所属し、吉本新喜劇の座員を目指しましたが、最終的にはトゥインクル・コーポレーションに所属することになりました。2017年にはTBSラジオの「JUNK爆笑問題カーボーイ」で優勝し、その後もRadiotalkでのラジオ番組やM-1グランプリでの活躍がありました。

R-1グランプリ2024での優勝は、街裏ぴんくさんにとって大きな転機となり、そのユニークな漫談スタイルが広く認められるきっかけとなりました。

街裏ぴんくさんの人物像としては、趣味に中高年観察やアホソング作りを挙げており、高校時代からヒップホップ観賞に興じていました。特技としては、甘い歌声や街で絡まれないこと、有名人の目撃談を話せることがあります。尊敬する人物としては、中田ダイマル・ラケットを挙げています。

まとめ

街裏ぴんく選手と結婚相手の妻の馴れ初めは、妻がお笑いライブで街裏ぴんく選手を見たことから始まります。

共通の趣味であるお笑いを通じて二人は仲を深め、やがて結婚に至りました。しかし、街裏ぴんく選手の漫談や公の場での発言から、家族を大切にする温かい人柄が伺えます。

二人の間には、お笑いを通じた強い絆があることが想像されます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA

タップできる目次